MYCLIP
Amazon Recommend

RECOMMEND

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
BLOG PET

クリックすると何かしゃべります
PROFILE
OTHERS

HoneyMSTD

melt into sounds...
<< Maximo Park @ HMV Shibuya | main | Summer Sonic2日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Summer Sonic1日目
まだまだだと思っているうちに今年もやってきましたサマソニ。
最初の発表の段階でまずLa'sにびっくりしたんだっけ〜。

今までは割と早めに行っていたんだけど、今年はゆっくり参加。しかも寝坊して遅刻、お昼近くにやっと着きました。

先に着いていた友達と合流して、この後は結構忙しいので早めのごはん。私は沖縄そばを食べました。なかなか美味。お笑いステージが見える席で食べてたんだけど、さっそく摩邪とかが出てた。

ゴハンが終わって、MOUNTAIN Stageで始まっていたLouis XIVを見に行く。ステージの向きが他と違うので、最初すごいステージが小さいのかと思ってびっくりしていたら、斜めから見ていただけでした。しかしココはどこまでもお客が入るな…。曲が終わったところで、We're from Californiaとかゆっていた。そうなのか…。音は暑苦しいWhite Stripesって感じ…?数曲聴いてHALが始まる前にSONIC Stageに移動。

SONIC Stageはあんまり人がいなくて、ちょっとかわいそう…とか思ってるうちに通訳さんが司会としてステージに登場。10分前に紹介するのをやってくれと頼まれた、とか言ってました笑。バンドを紹介してHAL登場。Delaysのサポートしてたけど、彼らのが早くフェスに出るなんてね。写真のままの純朴そうなバンドが登場。とても期待して見始めたんだけど、なんだか音が大きすぎる。彼らのさわやかでちょっとナイーブな所がこれじゃあ台無しだよ〜!しかしボーカル君はとっても気持ちよさそうに歌い上げている…笑。しかし彼の歌い上げる高音な声がまた大きすぎてキンキン響いてて、さわやかどころか聞き苦しい…。音はよくなるかとガマンしてたんだけど、ラインの調子がおかしいのか、ギターのボディを叩く様な、たまにバシッとかバチッて音が結構頻繁に入って、更にヒドイことに…。MOUNTAINで始まっていたDepartureが見たいのもあって、数曲で退散。あんなヒドイPA初めてかも。なんだか彼らもかわいそうだが、本人達はとってもとっても楽しそうだった笑。単独で来るのは無理っぽいから、次彼らを見れるのはいつになるやら…。
関係ないけど後ろを振り返ったら、真後ろに会う予定だった別の友人が偶然いて、お互いにビビりまくる笑。

一人でSONICを出て、再びMOUNTAINへ。途中でマリンの様子を映しているビジョンはオレンジレンジのロコローションをやっていた。みんな跳ねてるわ〜。やっぱこう見ても洋楽のライブとは違う客層って分かるね。
Departureはもう始まっていて、真ん中辺りで見ようと奥まで歩いて前に進んでいくと、さっき見たLouis XIVのVocalがずんずん歩いてきてすれ違った。すんごい大きくて顔もインパクトあってギョっとしたと同時に、ステージのほうから歩いてきたんで、どっから来たの?って感じだった笑。
Departureは結構見てる人も多いし、好きなタイプの音だったんで最後まで楽しみました。新人らしい勢いがあってなかなか。でもCDをちょっと聴いた感じでも思ったけど、同じ印象の曲が多いような気もするかなぁ。こういうバンドも今少なくないので生き残っていけるといいな〜。

またSONICへ戻って、BOYを見る。ルックスもなかなかだし、Vo.は黒のシャツ、ギターかなんかも黒のシャツに白のスカーフみたいのをタイにしてて、私のアタマに浮かんだのはMandoとHives=Sweden笑。後で友達に言われてCanadaのバンドだと知りました…汗。音はオーソドックスなロックって感じ。音はあんまり若い感じしないかな。悪くないんだけど、すぐ飽きてしまって、フードコートにいる別の友人に合流。ここでナチョスを食べる。結構休憩して、一緒にThe Arcade Fireを見に再びSONICへ。しかし行く途中でチーズケーキファクトリーのチーズバーなるお菓子に惹かれ購入。食べてばっか笑。

ずっとSONICにいる友人に合流しようとしたが、Arcade Fire大人気につき、あまり前には行けず…BOYとエラい違い。彼らは去年海外では既にブレイクしてたからだろうけど、外人スゴい多い。確かCanada版TIMEの表紙にもなったんだよね。
登場から盛り上がってます。演奏が始まってすぐ私のアタマに浮かんだのは、この前Canada WETで見たBroken Social Scene。同じカナダだし…。でも向こうのほうがフォーキーかな。こちらのが、ロックっていうか、パンク入ってるねー。Keyの女の人はアタマに花つけたりショッキングピンクの肘まである手袋(?)をしてるし、何曲目かにはKeyの男の人(よく見えなかった)か何かがヘルメットかぶって、別の人がそのヘルメットを叩いてるし、スピーカーによじ登ってるし笑。British Sea Powerかと思った笑。一番盛り上がったのはシングルのNeighborhood #3 (Power Out)。これのPV好きです。そうこうして大盛り上がりで終了。楽しかったけど、私はそこまで好みじゃないかな〜。周りの熱狂度がスゴかったので…笑。
終わるとみんなMEW待ちなのねって感じでほとんど誰も動きません。それどころかすごい人がどんどん来てぎゅうぎゅう。バックドロップの映像をちゃんと見たいのもあって、ちょっと後ろに退散。準備してる間、MEW天使を映してました。


今回のサマソニはバンドの間の時間が短い。初回からすると進歩してるなーと思う。で、本日のお目当ての一つであるMEW登場。Boが髪長いのは知ってたんだけど、遠くから見るとJohanが髪を黒くしてたのもあって、BoとJohanが逆に見える…汗。知らない曲のインストから始まってそのまま流れるように次の曲へ。この辺は気づかないうちに3曲くらいやってたみたい。で、やっとAm I Wry?へ。やっぱり前回と違って、演奏にどっしり安定感があるー。なのでどうも今までと同じノリになれないというか笑。それにJonasのボーカルもすごい安定してて、昔のような貧弱なとこがないし、高音の部分もすごく安定している。続いて156だったんだけど、これまた、ライブ用に以前とちょっと違うアレンジがしてあって、見てるほうもノリきれないって感じだったような。私的には盛り上がりたいけど、結構ちゃんと成長してるなって感じてすぐしっかり聴き取るモードになってしまった為、盛り上がりは心の中だけでした笑。それにしても周りもそういう感じでじっとしている人が多く、あまり盛り上がってないように見えたし、バンドもどうも戸惑っているように感じたような…まぁ新曲が多くても、なんだか前回までのサマソニやツアーでのファンはどこへ行ったの?って感じでした。それにしてもじっと見てる男率高かったよ…。
続いて、キリンと少年の顔の映像が印象的な新曲へ。Zookeeper's Boyというタイトルだけ知っていたので、きっとこの曲だねーと一緒に見ていた友人と話す。初めて聴いたけどJonasのハイトーンボイスが印象に残るMewらしいとてもいい曲。Eight Flew〜に続いてアルバムからのシングルになるというSpecial。初めて聴いたのだけど、よく分からず終わってしまった。そして、7インチ限定で出た(一応これが今回のアルバムから最初に出た)シングルのApocalypso。ネットで見たSilasが鳥になっちゃうビデオも大好きだったけど、ライブの映像ではあれは使われず、オオカミみたいなのが何匹か画面いっぱいにすごい形相でずっと迫ってくるっていうものと水が流れる路面みたいなのの映像(うろ覚え)で、よりスピード感増して聴こえたな。この曲はライブで聴いてもやっぱり良かった。
それからこれまで演奏で使ってきたFrengersからの曲のビデオもおそらく全て少しずつ手直ししてあって(例えばComforting Soundsで登場するネコのキャラクターの胴体部分だけ以前と違って赤い兵隊さんの制服みたいなの着てたり、新たに付け加えられた部分があったり)クオリティを上げることに貪欲だなって感心。新曲のビデオは曲に連動するかのように、より骨太になってるかな。Frengers期までのMew天使に代表される、いわゆるかわいい部分っていうのは薄れてるなぁと思います。でも彼らがしっかりと成長している感じがしてとてもいい印象。
それにしてもMCはJonasが日本語で「アリガトウゴザイマス」って言って、Boが「それだけ?Jonasは日本語上手いんだよー、もっと何か言えば?笑」みたいにツッコむっていうのは毎回おなじみ過ぎて苦笑モノ。最後はComforting Sounds。で、イントロの間のJohanの「Thanks for coming! See you soon!!」ってのまでいつもと同じ笑。せっかくなんで、たまには違うこと言ってくださいよ…汗。ただ前回までどんどん助長になってるようだったComforting Soundsの最後が割とCD通りの長さで終わるアレンジだったので救われた笑。単独期待してるぞー。アルバムも楽しみ。

---setlist
Intro
Circuitry of The Wolf
Chinaberry Tree
Am I Wry? No
156
Snow Brigade
The Zookeeper's Boy
Eight Flew Over, One Was Destroyed
Special
Apocalypso
Comforting Sounds

立て続けに見たこともあり、SONIC Stageを後にちょっと休憩。友達が飲んでておいしそうだったので、マンゴーラッシーを買う。おいしーー!で、飲んだらお腹が減ってきて更にナン付のカレーまで。ホントに食べてばっかりです笑。

十分休憩したところで、MOUNTAINで始まっていたEcho and The Bunnymenへ。あまり人が多くない上に平均年齢とっても高いです…。あっさり前のほうに行けた〜。何曲かやるとKilling Moonが始まる〜!これ聴けただけで大満足。それにしても割と最近、単独で来日したと思うんだけど私は見るの初めてなので、もう結構懐古ムードでライブやってるのかと思ってたんだけど、全然違いました。マッカロクさんはいまだにカッコつけたいんです笑。オレ様を見やがれ!です(爆笑)。もう好きなだけカッコつけて下さいよ笑と思うくらいでした笑。長年ああ堂々とカッコつけてる人は違いますねー笑。それにしてもファンがある年齢層に集中してるのはもったいないなぁ。やっぱり続けていくにしても新たなファンを獲得できる様な曲があるといいのにな〜。

この日の〆は同じMOUNTAINでのDuran Duran。もうエコバニの終わりくらいから人が増えてきてたんだけど、終わるとDuranファンが殺到。しかも斜め前とかにうちわ持ってる集団が入ってきたんで何か危険に感じて後ろに退散。後ろに来た人達は、Duranだけ目当てに来たらしくて「こんなに混むと思わなかったー!余裕で一番前で見れると思ったのにー!」とか言ってた。そりゃないでしょいくらなんでも。なんだか普段ライブ行ってない人が多いみたい。ついでに年齢層やっぱりかなり高め。でも若い人も多くて上から下まで今日のライブの中で一番幅広い。男の人もかなり多い。
後ろに下がって待ってると、後ろの外人2人が「オト〜サァ〜〜〜ン!!!」とか「You're fxxkin' sexiest grandaddy in the world!!!」とか叫んでて面白かった。
そしていよいよ全員がまず横一線に並んで登場。この前のLIVE 8でサイモンさん驚愕する程、安岡力也になっててビックリでしたが、こんな短期間に少し痩せてました。最新アルバムからSunriseやって、いきなりHungry Like A Wolf、Planet Earth, New Religionと立て続け!ちょっと前の単独のセットかなんかを見て多少予習したんだけど、それとは明らかに流れが違いますねー。私は彼らのライブは初めてだし単独に行くこともなさそうなので、やっぱりフェスのセットって感じのヒット曲オンパレードみたいなのを期待してたんで嬉しいー!Johnさんが楽しそうでーす。皆さん老けましたけど、やっぱり当時を知ってるファンはオリジナル5って感慨深いんだろうなぁ。サイモン氏の声もすごくよく出ていて安定感があって素晴らしい!
しかし一番面白かったのはCareless Memoriesの時のバックの映像!日本のアニメって感じで、5人が悪と戦う戦隊モノって感じなんだけど、もう大爆笑!ショッカーみたいなのが出てきてメンバーがシンバルをフリスビーみたいに投げて倒したり、Bassを弾くと音波でやっつけるとかで、ショッカーをやっつける時に派手に血が飛ぶの。最後は東京の街で恐竜みたいなのと戦ってEMIのビルをぶっ壊すっていう(爆笑)彼らってずっとEMIでSonyに移籍したんだよねー。EMIに恨みでもあるのかな。とにかくそのアニメに釘付けでずっと爆笑でした〜。
トリってことでアンコールがありました。John氏がオリジナル5でまた戻ってこれて嬉しい、昔の5人の時代に一番楽しかったのは初めてのJapan Tourだったんだ、みたいなことを話してました。Girls On Filmの後かな?メンバー紹介の時間がやったら長ったらしかったけど、最後はRioでした。更に後ろに下がって踊って見てました。楽しかったーー!



(REACH FOR THE)SUNRISE
HUNGRY LIKE THE WOLF
PLANET EARTH
NEW RELIGION
WHAT HAPPENS TOMORROW
A VIEW TO A KILL
CHAINS
ORDINARY WORLD
SAVE A PRAYER
NOTORIOUS
NICE
CARELESS MEMORIES
WILD BOYS
-------------------------
GIRLS ON FILM
RIO


本日はこれにて終了。
足が疲れすぎて痛い。。
さて、明日はLa'sだー!明日はマリンに行って最後の花火も見るぞ!
| live review | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:56 | - | - |
| | | | |









http://honeymstd.jugem.jp/trackback/104