MYCLIP
Amazon Recommend

RECOMMEND

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
BLOG PET

クリックすると何かしゃべります
PROFILE
OTHERS

HoneyMSTD

melt into sounds...
<< Delays @ Manchester University | main | 06 May - London >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
05 May - Manchester - London
今日は10:50の飛行機でLondonに移動ということで、バタバタと荷造りをしてホテルをチェックアウト。あーこうしてみるとマンチェともあっという間にお別れでちょっと寂しい。急いで駅に向かう。駅でもチケット買ったり、すぐ出る電車に走ったり忙しい笑。
空港駅に着き、また長い通路を空港のカウンターへ。急いだ割には結構中で時間が余ったりして。やっと飛行機に乗りLondonへ。今日からは友達と一緒の移動なので雑誌とか読んだり、喋ったりしてたらあっという間に着きました。
空港からはHeathrow ExpressでPaddington駅へ。 久々のLondonなので、もうウレシイー!!この日の宿はPaddingtonから徒歩5分程の所にあるPaddington Hotelという所を予約していたので、駅からは歩いてホテルへ。

チェックインが向かいのアパートメントの建物ということでそちらに行くと、私達の予約した部屋はダブルしかないホテルで、こっち(アパートメント)はツインもあるから変えることもできるけどー…と言われ、そうしてもらう。ということで部屋はキッチン付きの部屋になった。ホテルのほうは改装したばっかりでキレイだったのもあって予約したくらいなので、こっちのがもちろん部屋は古いんだろうけど、ベッドルームとキッチン付リビングの2部屋にバスルームだったので広くてなかなかでした。古さもエレベーターがびっくりするくらい古いのを除いては、部屋はまぁまぁだったし、バスタブやシャワー、トイレも特に問題無し。

疲れて部屋でぼーっとしてたんだけど、お昼も過ぎてお腹も減ってきたので駅の近くまで出かけて、迷いまくった末にイタリア系のカフェに入って、私はトマトとモッツアレラのバケットサンドとチップスとホットチョコレートを注文。でもチップスがお店の人が忘れてて言ったら後から出てきた。すんごい大量で食べきれず笑。
宿に戻るともう夕方。今夜と明日はAstoriaでFranz Ferdinandのライブがあるけど、どっちももちろんSold Outなので、チケットが買えたら見てダメなら他のとこに何か見に行こうという予定。寄りたい所が結構あるので少し早めに出発。

まずは友達が行きたい店があるというのでHigh Street Kensingtonへ行く。と、改札を出た所でデジカメのメディアをプリントできるマシーンを発見。異常にびっくりする私(しつこい)。昨日のライブを撮ったデータを持っていたので、さっそくプリントしてみようということに。いじってたら日本のよりスゴクて、色の調整とか、拡大とかもういくらでも修正できちゃう感じ。しかも結構安かった。かなり何枚もプリントしてみました。駅を出ると雨が強く降っていた。Notting Hill Gateに向けて歩いたけどお目当てのお店は見つからず、地下鉄でTottenham Court Roadへ移動。2人ともネットがしたかったので、easy internetでしばしネット。その後、近くのvirginに行って友達が行きたがっている、この日から配付開始だった9日の夜にあるKeaneのインストアのリストバンドを無事ゲット。そしてAstoriaへ。

もう会場はオープンしてたけど、ダフ屋がいっぱいいて賑やか。最初は様子を見ていたんだけど、周りに立っていたのでどんどん話しかけられたけど全員£30以上って感じ。周りにも何人か待ってたけど、諦めて帰るコ達もいたり、30以上でも買って行く人も。買いたくてもチケットを売る人がいないのでは入れないのでだんだん不安になってくる。まぁダメなら諦めて他のライブに行くことも考えていたので、そっちでもいいかなーと思いつつ、小雨でちょっと寒いのでだんだんしんどくなってくる。結局1時間程ねばって、前座1組目が終わってしまった。しかし値が下がってきたのでもう少し待ってると、25でどう?と声をかけられる。うーんだから20じゃないと買わないって。そしたら、24は?23.5?23は?とどんどん下がってくる笑。2人で45は?とか言われたので、首をふっていたら、43なら?42.5は?と0.5刻みで下がる笑。で、もういいだろうってことで2人で41で決定。元値は10ポンドだったけど、まぁこの時期に私達もちょうど空いてる日に見れるってやっぱりおいしいし、20ならいいでしょうということで。ダフ屋軍団を観察していたので、メンツを覚えてしまった。ボスとかいるんだよね笑。独特の節回しの「Buy or sell! Buy or sell tickets!」っていうのがアタマにこびりついちゃった。という訳で早速Astoriaの中へ。

入ったらまだ6分の入りって感じかな? しばらくすると、こちらもフジに来る前座2組目のラフトレのThe Fiery Furnacesが始まる。さっき外にいる間にメーリングリストに名前を書いたらプロモCDもらいました。男女のユニットみたいなので、ルックスとUS出身ってことしか知らないで鑑賞。バンド編成で女の人がvocal。でもなんか予想通りな感じ。バンドに混じっててオトコのほうはどの人なのかよく分からず笑。ちょっとはすっぱで変わってるガレージロックって感じで特に面白みが感じられず終了…。
Astoriaの上にあるビジョンは表示されてる番号だかアドレスに携帯でメッセージを送るとそれがリアルタイムでテキスト表示されるんですねー。みんなそれに好き勝手にメッセージ送って遊んでました。みんな今見たバンドの感想から彼女(彼)へのメッセージまでリアルタイムチャット状態(笑)。たまに4文字言葉は****ってなっててこれは検閲入ってから表示されてるのかなーとか言ってたんだけど、どうなんでしょう笑。かなりのスピードで新しいメッセージが表示されていくんだけど、なかなか面白かった。日本でもこういうのあったら面白いなー。
私達はバルコニーの端のほうにいたんだけど、逆のはじのほうが関係者っぽい人達が集ってた模様。何しろ今が旬だしかなりセレブがいたようです。
来た時から既に疲れてるんだけど、さらに疲れてきた…。そりゃ朝早くマンチェから移動して、ずっと立ちっぱなしだもん、疲れるハズです。っていうか今日ホントに移動してきたんだっけ?とか今日の長さにぼけーっと驚いたりして。

やっとのことでFranzステージに登場。私達に近い左の彼の動きがすんごい面白いーー。っていうか下のフロアはホントにぎゅうぎゅうです。既に押し合い始まってる感じ。まぁでもこのバルコニーもいつのまにか、もう動けないくらい周り人だらけになっちゃってるんだけどね。
私はアルバム持ってないのでシングルくらいしか知らなかったんだけど、まーTake Me Outは盛り上がりまくった。とにかく前のほうはオトコ、オトコ、オトコばっか!まぁ私もフジ行かないし、空いてる日にちょうどやってて見れてよかった。そんなんで終わる頃には私はかなり疲れまくっていた訳ですが、楽しかったです。あと何日かしたら、ここでDelaysやるんだなーと思ったら、見れないことがホントに悲しくなったりもしつつ笑。
宿に戻って冷凍のレンジでチンするカレーを食べてだらだらして就寝。こういう時レンジや冷蔵庫のあるアパートメントは便利。

途中で切れちゃうけど、Franz@ AstoriaのTake Me Out(Quicktime形式。2分半程あります)です笑。客の盛り上がりがスゴイよー。

さて、明日はLondonで一日過ごします。
| 2004 May Tour Diary | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:51 | - | - |
| | | | |









http://honeymstd.jugem.jp/trackback/5